Bach Semi-Early Elkhart #216757

長年サブとして所有しているBach  37/25。シリアルナンバーは#216757、1982年製です。

いわゆる普通のバック…ビンテージ扱いもされない“ただの古いバック”ですが、最近ではこの年代のBachを“セミ・アーリーエルクハート”と呼んで現行品と区別しているようです。

バルブケース右側に刻印されたシリアルナンバー、樽型ピストンバネ、真鍮製バルブガイドなどがアーリーエルクハートから引き継がれています。


以前40万番台(1993年製)のバックを吹いていた頃、修理の時にサブとしてこの楽器を格安入手しました。写真でもわかると思いますが、1番管が斜めに付いていたり(フックは好みで外しています)、ラッカーもどんどん剥げる・・・この時期のバックは品質があまり良くないようです。それで正直初めは鉄屑のように感じましたが、吹いてみると味わい深く、ヴィンテージ楽器に興味を持つきっかけとなりました。

またスライド擦り合わせ等自分で出来る範囲の修理を結構したので、なんだか血が通ったような感じがしています。


今でも何かと大事な局面でこの楽器に助けられることが多く、「鉄屑」はすっかり信頼の楽器に。なんとも不思議な1本です。


トランペット 菅野 淳史 のサイト

trad-jazz trumpeter Atsushi Kanno's website