King Master Model Cornet

シリアルナンバー#277915、1946年製。

ジャズ黎明期にはラッパの主流だったロング・コルネットですが、現在は衰退し絶滅の危機にあります。

独特な管の巻き方が、進化途上の生物のようなグロテスクな魅力を放っています。

ベルには後付けの縁輪が溶接されています。分厚いベルで、仏壇の御鈴のようにチーン…と響きます。

ロング・コルネットはコルネットとトランペットの合いの子みたいな楽器で、幅広い表現力を持っています。その上トランペットよりコンパクトで疲れにくく、モニターもしやすいので、圧倒的に扱いやすく親しみやすい楽器だと思います。

もう一度ロング・コルネットが見直されて定番になったらいいんですが。

トランペット 菅野 淳史 のサイト

trad-jazz trumpeter Atsushi Kanno's website